顔に張り 食べるコラーゲン

顔の張りとコラーゲンにはどんな関係が?

20代の頃はあまり感じなかった肌の乾燥ですが、30代になって少しづつ乾燥が気になり始めると40代までの道のりは早かったです。

 

加齢によるコラーゲンの減少は誰にでも起こる肌の老化現象ですがいつまでも肌のハリがあり若々しい方も中にはいますよね。

 

コラーゲンは私達の肌の表皮の奥にある真皮という部分で作られています。

 

真皮層の内部にはコラーゲンを支えるエラスチンがあるのですが、エラスチンもコラーゲンの減少と共に減少すると言われています。

 

すると真皮層をぷるぷると潤いで満たしていたものが少なくなるため、ハリのあるふっくらとした肌がしぼんでしまいます。

 

真皮層,しぼんだ肌

 

コラーゲンがハリのある肌を作っていたんです。

 

顔の張りに食べるコラーゲンは効果なしって本当?

顔の張りを出すために食べ物で摂るコラーゲンは効果がないのでしょうか?コラーゲンが豊富な食材を食べた翌朝は肌が潤うと聞きますがあれは嘘なのでしょうか?

 

コラーゲンが豊富な食材を食べる事に意味はあるのですが、食べたコラーゲンがそのままの形でコラーゲンとして体内に吸収されるわけではないんです。

 

そのままコラーゲンとして体内に吸収されれば、毎日欠かさずコラーゲンが豊富な鶏の手羽先や軟骨、ゼリーなどを摂る意味があります。

 

でもコラーゲンは体内に吸収されるとアミノ酸に変わります。

 

アミノ酸がビタミンCなどと結びついて新たなコラーゲンを作り出すのです。

 

コラーゲンは食べるよりもサプリなどで吸収率が良いもので摂る方がより効率的かもしれません。

 

顔に張りを取り戻す食べるコラーゲンの効率的な摂り方

食べるコラーゲンは食品はもちろん、コラーゲンゼリーやコラーゲンパウダーなど形状が幾つかあります。

 

コラーゲンはあの独特の匂いが苦手な方も多いのですが、コラーゲンを粉末状にすることで無味無臭のパウダーなどもあります。

 

collagen-funmatu

 

コラーゲンは加工してあるパウダータイプやゼリータイプの場合、体内で吸収されやすい低分子で構成されているのが特徴です。

 

低分子化されたコラーゲンならそのまま体内に取り込まれ肌を潤わせる働きがあります。

 

顔の張りに影響する食べるコラーゲンのまとめ

肌のハリや潤いが無くなって来たと感じたら、真皮層のコラーゲンの減少が原因として考えられます。

 

これは加齢によるコラーゲンの減少ですので不足してきたコラーゲンは補ってあげます。

 

コラーゲンの補い方にはサプリやドリンク、化粧品や食べ物から直接という方法があります。

 

サプリやドリンク類は加工されたものなので、体内への吸収率も考えられて作られています。

 

化粧品の場合は潤いを補う目的で、保湿力が高い化粧品が沢山あります。高保湿タイプなどと言われています。

 

でも表皮の角層は満たすことが出来ても、真皮までは満たすことが難しいものも多いのが実際です。

 

そこで手軽にいますぐにコラーゲンを摂ろうと思ったら、スーパーで手羽先や軟骨をゲットします。

 

体内でアミノ酸に分解されますから再びコラーゲンとなる際に必要なビタミンCを一緒に摂るとコラーゲンの生成に役立ちます。

 

紫外線を浴びると顔の張りがなくなる?

顔に張りを戻す、注目のドリンクです

今すごく売れているのがこちらの「森永のコラーゲンドリンク」です。

すごく美味しいドリンクなのに他社よりも圧倒的に多いコラーゲンペプチドやセラミドがたっぷり入っています。

ピーチ味もおいしいですが、味を変えてレモンもさっぱり美味しいので、定期便で味の変更も可能です。

大手の森永さんのドリンクなので安心!

森永のコラーゲンドリンク


おいしいコラーゲン


定期便料金 税込4860円(初回のみ20%off)
二回目以降は10%off
送料 無料
その他 定期便はいつでも無料で解約可能