顔のハリ クリーム

顔のハリにクリームが大事な理由

若い20代頃は顔にクリームをつけなくても十分に潤いを保てていたと思います。30歳あたりを境にだんだん乾燥が酷くなる事が多いので、肌のかさつきを感じるのはどんな方でも起こりうること。

 

出来ることならクリームに頼らずに元気な肌を保ちたいのは分かりますが、どうしても老化に勝つことは出来ません。

 

視力が落ちるとメガネなどで矯正しないとどんどん悪くなったり、頭痛のような悪影響が出てくるように、顔の乾燥肌にもクリームで保護してあげることは大事なんです!

 

クリームはあくまでも肌の外側にバリアを張るだけですので、ほぼデメリットはありません。

 

特に秋冬の空気が乾燥している時期は、顔の潤いを失いがちになります。

 

潤いをなくす毎にニキビ・くすみ・シミ・そばかすなど肌が一気にダメージを受けやすい状態になりますので、常に潤いを閉じ込めた状態に保つことが重要になってきます。

 

潤い,クリーム,肌に閉じ込める

 

顔のハリを保つクリームの選び方

顔の潤いを保つのはコラーゲン質です。サプリメントなどで内側からコラーゲンを摂って上げることで肌本来の潤いを取り戻すことが出来ます。

 

年齢によって潤いを保持する力が変わってきますので、基準を年齢において、また年齢よりも実際の乾燥具合によって使い分けることも大事です。

 

肌のハリに良いクリーム選びの目安

20代の肌

20代の頃は乾燥による肌トラブルが少ないので、保湿時間の短いニベアのような安いものでも可能です。

 

乾燥肌気味の方はそれでは足りないことがよくありますので、もっと保湿力の高いクリームを選ぶようにしてみてください。

 

30代の肌

徐々に乾燥が強く感じられるようになります。保湿力よりも保湿時間を長くキープできるものがおすすめです。

 

30代でもシミやそばかすが多い方は、シミ用で保湿力の高い化粧品に切り替えてみるのも効果的です。

40代以降の肌

40歳を超えてくると一気に小じわがでてきたりくすみが気になる人が増えてきます。

 

手や足もすぐに荒れるという方は明らかに潤いが不足しています。そういう場合は少し余分なくらいに潤いを保つクリームでケアしておくと良いかもしれません。

 

手の乾燥,潤い,不足

 

化粧を厚くして対策をするよりも美容液を含んだ高性能のクリームがおすすめです。毎日サプリメントも飲みながら内側と外側から同時にケアすることで大きく肌の状態は若返ります。

 

肌のハリを出すサプリメントについてはこちら

 

高額なコスメや美容クリームはたくさんありますが、それを試してみるよりもお肌の状態に合わせた適切な対処をすることが、お肌を若々しく保つコツに繋がります。

顔に張りを戻す、注目のドリンクです

今すごく売れているのがこちらの「森永のコラーゲンドリンク」です。

すごく美味しいドリンクなのに他社よりも圧倒的に多いコラーゲンペプチドやセラミドがたっぷり入っています。

ピーチ味もおいしいですが、味を変えてレモンもさっぱり美味しいので、定期便で味の変更も可能です。

大手の森永さんのドリンクなので安心!

森永のコラーゲンドリンク


おいしいコラーゲン


定期便料金 税込4860円(初回のみ20%off)
二回目以降は10%off
送料 無料
その他 定期便はいつでも無料で解約可能