顔の張り 紫外線

顔の張りの低下は肌老化と光老化

年齢を重ねたお肌に現れるシミやシワ、たるみや張りの無さは加齢による肌老化が大きな原因だと思われがちですが、肌老化よりも紫外線による肌ダメージの蓄積の方が影響力が大きくあらゆる肌トラブルの原因なんです。

 

シミやシワ、たるみなどが出来る原因は、加齢による肌老化はほんの20%程度で、残りの80%は光老化が原因だと言われています。

 

加齢による肌老化と光老化は実は別の原因があります。

 

光老化とは紫外線などの太陽光線を浴び続けた際に生じる肌ダメージで、無防備に紫外線を浴び続けてしまうと、皮膚癌になる可能性も潜んでいるんです。

 

無防備に日焼け

 

肌老化で言えば30代後半くらいから真皮層のコラーゲンやエラスチンが減少することで、加齢による肌老化の特徴的な変化が現れます。

 

肌の乾燥がその主な変化ですが、そこに光老化によるダメージも加わる30代後半以降は、一気に肌の衰えを感じやすくなるんです。

 

顔の張りが低下しやすいのも丁度この時期です。

 

顔の張りが紫外線でなくなる理由

肌老化の原因は加齢による衰えが20%に対し、紫外線を含む太陽光による光老化の原因が80%を占めていると言われています。

 

光老化が肌に与える影響力がそれだけ大きいという事です。

 

そもそも紫外線を含む太陽光線とは?

太陽光線は波長が長い順にUV-A、UV-B、UV-Cという3種類があります。

 

UV-Cは波長の短さからオゾン層で遮られるため地上には届きません。

 

注意したいのはUV-AとUV-Bでどちらも肌に届く紫外線です。

 

uv光線,紫外線
波長が一番長いUV-Aは肌の奥の真皮層に達するため、光老化によるダメージが一番大きいと言われています。

 

UV-Aは真皮層のコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、肌の弾力を低下させ潤い不足の肌にしてしまうのです。

 

これが紫外線の影響で顔の張りがなくなるメカニズムです。

 

顔の張りの低下を防ぐ紫外線対策

顔の張りがなくなる原因の80%を占める光老化を防ぐには、1年中紫外線対策を怠らないことです。

 

若い頃は紫外線を浴びてもターンオーバーによって放っておいても元通りの状態に戻りますが、顔の張りが低下している年齢の肌はなかなか元に戻りません。

 

なので紫外線を根本的に浴びないようにする対策が欠かせないんです。

 

春から夏は紫外線が強いシーズンなので日焼け止めを使用する方も多いと思いますが、冬に日焼け止めを使用するのはスキー焼けを防ぐ時くらいかもしれません。

 

顔の張りを低下させないためには、肌の露出が少ない冬でも化粧下地やファンデーションに、紫外線防止機能のついているものがおすすめです。

 

また夏の間に浴びた紫外線ダメージは、秋から冬にかけてシミになりやすいため、保湿力のあるものなら美白化粧品でお手入れをするとメラニンの沈着が防げます。

 

顔の張りと紫外線の関係まとめ

顔の張りなどお肌の老化に大きく関わっている光老化を予防するには、紫外線が少ないと言われている季節も、紫外線対策をしておいて損はないと思います。

 

加齢によるコラーゲンの減少も顔の張り不足に関係していますがほんの2割程度で、他の8割は紫外線による肌ダメージが原因のため、日頃から紫外線対策を万全にすることで顔の張りの低下も防げます。

 

顔にハリを出す化粧品はこちらをどうぞ

顔に張りを戻す、注目のドリンクです

今すごく売れているのがこちらの「森永のコラーゲンドリンク」です。

すごく美味しいドリンクなのに他社よりも圧倒的に多いコラーゲンペプチドやセラミドがたっぷり入っています。

ピーチ味もおいしいですが、味を変えてレモンもさっぱり美味しいので、定期便で味の変更も可能です。

大手の森永さんのドリンクなので安心!

森永のコラーゲンドリンク


おいしいコラーゲン


定期便料金 税込4860円(初回のみ20%off)
二回目以降は10%off
送料 無料
その他 定期便はいつでも無料で解約可能